PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

愛しきニッポン文化 vol.1 さくらんと吉原の思い出

皆さん、さくらんはもう観賞されましたか?
私はコミックを先に読み、その後、映画を2回観ました。

木村佳乃さんの体当たり演技が最高によかった。凄みを感じました。
あんな風に人を愛せたら思い残すことはないかもしれません。

菅野美穂さんの啖呵も格好よかった。
自分の職業にプライドを持っているところなど、現代に生きる私たちのお手本になる部分もあるのでは。

女優さんたちの演技は、皆さん感想を色々お持ちでしょうから、吉原のことを少し書いてみます。

私は吉原(大門)の近くの下町で育ちました。車やバスで、よく近くを通ったものです。
もちろん、いつの頃からか、ここが何をしていたところだというのは知っていました。恥ずかしく思ったり、近くに歴史の1ページを飾る場所があることを誇らしく思ったり、複雑な気持ちでした。

私の知る吉原は普通の街。最近は行っていないけど、変わったかしら。
観光客が来るわけでもなく、喧騒も何もない、静かな普通の街。

当時のことを少し調べてみました。
山谷(さんや)の吉原土手・衣紋坂をおりると吉原の入口で、道の端に見返り柳と名付けられた痩せ細った柳の木が一本あったそうです。
ここが吉原大門口。

明治の末頃にはもう門はなく、江戸時代にはこの大門の方に郭の番所があって、郭の役員や目明かしなどが詰めていたそうです。映画にもそんなシーンがありましたね。

当時の文化と私の知る吉原。もう少し、深く知りたくなりました。
花魁や吉原で暮らす人たちが、人生を謳歌してたと思いたいから。
スポンサーサイト

| 女子着物コラム | 08:33 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sendaikimonobiyori.blog84.fc2.com/tb.php/26-2ab9c482

TRACKBACK

わたしたちの教科書

志田未来 ドラマ「わたしたちの教科書」主演決定

| わたしたちの教科書 | 2007/03/28 19:34 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。