PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

漢の着物道 第二回:未知との遭遇

さて、基本がなんとなくわかってきたところで、着物と腰紐の入手です。
初めはこれだけでOK。
着物の下はTシャツとトランクスでいいし、帯より先に腰紐が必要になるからです。
ちなみに腰紐ってのは、帯で締める前に着物が動かないよう縛るための紐です。

着物はできれば着物屋に行きましょう。
確かにネットで探してサイズさえ合えば着れますが、やっぱりちゃんとした着方があるのです。
店員さんに初挑戦だってことを伝えれば、ちゃんと着せてくれるし、ポイントもわかるので。

着物屋って言っても、デパートに入ってるような敷居の高い店に用はありません。
反物見せられたってしょうがないですしね。
狙いは出来合いの着物か、リサイクル着物を扱っている店です。
僕は「たんす屋」という店でウールのリサイクル品を入手したのが、初の買い物でした。
安いと練習用と思ってどんどん着れますしね。
腰紐もモリスン素材のが安いし丈夫です。

ちなみに着る時の注意点を箇条書きで。
・折り目正しく
・背中の線を体の中心に合わせる
・裾が揃うように調整
・今、自分の男前度は3割り増しだと信じる
・その後部屋干し

これで部屋着にするぶんにはOKでしょう。
夏なんかは薄手の着物や浴衣で過ごすと、とても気持ちいいものです。

(権助)
スポンサーサイト

| 男子着物コラム | 20:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sendaikimonobiyori.blog84.fc2.com/tb.php/25-ee13dd29

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。