2007年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年07月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

愛しきニッポン文化 vol.6

夏着物・なつきもの・ナツキモノ・.☆.:*:・

はじめてのきものde仙台は、夏結城でした。墨色地の無地。
透け感が大人っぽくて、シンプルで、好みにはまった着物です。

濃い目のサングラスをして、髪を無造作にアップにし、
白にシルバーの夏帯をきりっと締めた私はどこから見てもイイ女。なんて。

夏結城はさらりとしていて、しっかりしていて、長く愛せそう。
透けるとはいえ、盛夏以外の単の時期に着用するもの。かなり贅沢です。

シンプルなだけに、毎年テーマを決めて着こなすと楽しそうです。


夏の黒はオシャレという話を信じて、黒とグレーの花織風の紗もお気に入り。
シックな都会的着こなしが理想だったりしています。

顔の近くは淡い色の方が似合うし、映りがいいため、
仕立ての打合せにさんざん時間をかけたことを思い出します。

仕上がりを待つわくわくした気持ちは、
仕立て経験者の方であれば、きっとおわかりいただけることでしょう。


あとは、モスグリーンがかったチャコールグレー地に襖絵と蛍の柄・絽小紋。
これは、昨年手に入れました。気だるい夏の夜をイメージして。

つるっとした絽の感触がなまめかしく、艶っぽい着こなしをしたい時に重宝です。
普通に着るとおとなしく・上品になってしまうので、どこか隙を入れた着こなしがテーマです。

洋服でもそうですが、こなれたカンジに見せるのはなかなか高度な技です。
研究しなくては。


それと、ヤクオフで落としたアンティークの蝶柄絽小紋。
淡い黄緑色地に可憐な蝶が舞う、とてもステキな一枚です。

これは、上品に、楚々とした雰囲気にしたい。
同系色の黄緑色地に、青を効果的に使用した文様の夏帯がよく合います。


そして今年。ちょっと挑戦的な着こなしがしたい気分。

ゼブラやヒョウなどのアニマル柄が欲しいと、色々物色をしています。
さすがに、浴衣や小物に取り入れるところまでだと思いますが。


しかし、夏着物ってどれもこれも魅力的で困ります。
皆さんは、どんな着物やイメージや憧れを持っていますか?
スポンサーサイト

| 女子着物コラム | 12:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

愛しきニッポン文化 vol.5 

バラ柄の銘仙

気持ちのイイ、今、この季節。バラがステキに咲いています。
お気に入りのバラ柄の銘仙のことを書いてみたくなりました。

アンティークキモノにはまったきっかけはこの銘仙。
ピカソちっくなバラ柄にノックダウンでした。

地色は、シルバーがかったピンク色。
赤色のバラ模様がよく映えて、とても愛らしいキモノです。

花の中心にあたるところは緑や黄色。
銘仙特有のかすれた柄の出し方がほどよくて、ドキュンと胸を打ち抜きました。

生地が弱り、着用が難しくなっても、ずっと大切にしたい一枚です。

このキモノのデビューは、こはぎの会発足前。
有志で「キモノ仙臺屋さん」買い物ツアーに行った時。

黒地にピンクの独鈷柄単献上帯と合わせたところ、ほめられてうれしかったな。
同行のアンティークキモノの先輩達の声は、心に響き、そして自信につながりました。

その中の一人は今、出産秒読み。キモノを愛する、聡明な女性です。
週末のとあるバラまつりで、久しぶりに再会予定。

お天気がよければ、バラ柄の銘仙で会いに行こうと思っています。
今年ならではのコーデをし、バラ柄銘仙の魅力を引き出してあげられたらいいな。

| 女子着物コラム | 08:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。