2007年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年04月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ニッポン全国きもの日和in仙台 第二回会議









スポンサーサイト

| 着物で会議 | 09:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

愛しきニッポン文化 vol.1 さくらんと吉原の思い出

皆さん、さくらんはもう観賞されましたか?
私はコミックを先に読み、その後、映画を2回観ました。

木村佳乃さんの体当たり演技が最高によかった。凄みを感じました。
あんな風に人を愛せたら思い残すことはないかもしれません。

菅野美穂さんの啖呵も格好よかった。
自分の職業にプライドを持っているところなど、現代に生きる私たちのお手本になる部分もあるのでは。

女優さんたちの演技は、皆さん感想を色々お持ちでしょうから、吉原のことを少し書いてみます。

私は吉原(大門)の近くの下町で育ちました。車やバスで、よく近くを通ったものです。
もちろん、いつの頃からか、ここが何をしていたところだというのは知っていました。恥ずかしく思ったり、近くに歴史の1ページを飾る場所があることを誇らしく思ったり、複雑な気持ちでした。

私の知る吉原は普通の街。最近は行っていないけど、変わったかしら。
観光客が来るわけでもなく、喧騒も何もない、静かな普通の街。

当時のことを少し調べてみました。
山谷(さんや)の吉原土手・衣紋坂をおりると吉原の入口で、道の端に見返り柳と名付けられた痩せ細った柳の木が一本あったそうです。
ここが吉原大門口。

明治の末頃にはもう門はなく、江戸時代にはこの大門の方に郭の番所があって、郭の役員や目明かしなどが詰めていたそうです。映画にもそんなシーンがありましたね。

当時の文化と私の知る吉原。もう少し、深く知りたくなりました。
花魁や吉原で暮らす人たちが、人生を謳歌してたと思いたいから。

| 女子着物コラム | 08:33 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

漢の着物道 第二回:未知との遭遇

さて、基本がなんとなくわかってきたところで、着物と腰紐の入手です。
初めはこれだけでOK。
着物の下はTシャツとトランクスでいいし、帯より先に腰紐が必要になるからです。
ちなみに腰紐ってのは、帯で締める前に着物が動かないよう縛るための紐です。

着物はできれば着物屋に行きましょう。
確かにネットで探してサイズさえ合えば着れますが、やっぱりちゃんとした着方があるのです。
店員さんに初挑戦だってことを伝えれば、ちゃんと着せてくれるし、ポイントもわかるので。

着物屋って言っても、デパートに入ってるような敷居の高い店に用はありません。
反物見せられたってしょうがないですしね。
狙いは出来合いの着物か、リサイクル着物を扱っている店です。
僕は「たんす屋」という店でウールのリサイクル品を入手したのが、初の買い物でした。
安いと練習用と思ってどんどん着れますしね。
腰紐もモリスン素材のが安いし丈夫です。

ちなみに着る時の注意点を箇条書きで。
・折り目正しく
・背中の線を体の中心に合わせる
・裾が揃うように調整
・今、自分の男前度は3割り増しだと信じる
・その後部屋干し

これで部屋着にするぶんにはOKでしょう。
夏なんかは薄手の着物や浴衣で過ごすと、とても気持ちいいものです。

(権助)

| 男子着物コラム | 20:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

きものdeとーく 愛しきニッポン文化

みみです。

コラムといえるかどうか、心の琴線に触れたひとつひとつを大切に綴っていきたいと思っています。ゆる~くお楽しみください。

さて、皆さんが始めて触れた和文化って一体何でしょう?着物好きな皆さんでも、いきなり着物ではなかったはず。
例えば、修学旅行で訪れた京都の小物だったり、上等な和菓子だったり。百人一首の和歌や、源氏物語の漫画だったりもするかしら。

胸がキュンとする幼い頃の思い出を辿りながらニッポン文化を愛しく感じていただければ、こんなにうれしいことはありません。

それに、ニッポン文化といえば、やはり着物。
現代ものにアンティーク着物。おばあちゃんやおかあさん、周りのステキな女性の着物。
みんな違って、みんなイイ♪

ニッポン文化の魅力に取り付かれたみみのコラムでびゅー。
どうかあたたかく見守ってくださいな。

平成19年3月22日 大安吉日 
薄曇りの空だけど、胸にいっぱいの夢を抱いた日。

| 女子着物コラム | 12:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

女子着物コラム:「愛しきニッポン文化」がはじまります~



男子着物コラムに続いて、女子着物コラムがはじまります!
題して「愛しきニッポン文化」
着物も昔から伝統あるものですから、そのちょっとした豆知識や和の文化、
歴史など、為になること間違いなしのお話がみれますよ。

担当は、アンティーク着物も結城紬などの現代着物も、
両方素敵に着こなせちゃう、みみさんです。
(写真はどちらもみみさん!)
とっても幅広く着物を楽しんでいるので、うらやましい限り。
(なかなか両方楽しむのは難しいんです。
アンティークだとサイズも合わないことも多いです・・)
毎回、イベント時の着こなしが楽しみな人です。

いつも粋でかっこいい着こなしのみみさん、
どんなkimonoトークになるのか、お楽しみに!





| 着物そのほか | 02:16 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

漢の着物道 第一回:スタートラインに立つべし

さて、着物を着ようと思ったはいいけど、始めは何をすればいいか分からないものと思います。
身内で着てる人が居れば話が早いものの、この核家族化が進む世の中、そういう話も少ないようです。

そこで出てくるのはもちろんネットなわけで、まずは教科書的なHPを。
「男のきもの大全」
ここを見れば基本は完璧かと思います。
文字も多いしリンクも多いし活用のしがいがあるかと。

あ、このコラムではそれら基本的なことは書かず、実際に着るにあたってのもっと細かい点を書いていきます。
普段足袋は白じゃないとか。
安い着物の探し方とか。
柄足袋の見つけ方とか。
ブーツを合わせる時の注意点とか。
着物着たはいいけど、恥ずかしくてドアから一歩も出られないシャイなマイハートの攻略法とか。

他にも各県の「着物日和HP」を見ると、結構着物男の写真もアップされています。
あと個人的に好きなのはコチラ。
「和楽社中」
とてもエキゾチックな着方を提案しております。

と、まぁ男着物は地味は地味ですが、工夫次第で楽しみは広がることと思います。
浪人風、書生風、若旦那風etcetc...
洋服とは全然違う着心地もお楽しみに。

(権助)

| 男子着物コラム | 17:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

男の着物道プロローグ:始めに男ありき

僕が着物に初めて袖を通してから1年と4ヶ月になります。
以前から興味を持っていたことを祖母に何となく話すと、父のアンサンブルを引っ張り出してきました。
そして着物の着方、帯の結び方を教えてもらい、それがスタートとなります。
しかし当初は日常用に白足袋を買ってしまったり(今では一回りしてアリだと思いますが)、なかなか上手くはいかなかったものです。
でも自分は恵まれている方だと思います。
理解者が身近に居たのだから。

さて、このコラムのコンセプトは「男が着物を着てお茶に行くまで」です。
右も左もわからない状態で始めるよりは、きっと僕の生々しい体験が役に立つことでしょう。
もっとも、着物に興味のある将来有望な日本男児がこの文を目にする確立がどれほどのものかはわかりませんが。

まま、タライ舟に乗ったつもりで出航です。

(権助)

| 男子着物コラム | 21:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

きもの日和in仙台の前に・・・・・

width=


5/20(日)に着物日和のプレイベント
「きものdeカフェ」を行います!

詳細は、後ほど発表しま~す。


そのイベント用ポスターのために、着物写真を集めていたところ、
いままで関わってきた、懐かしい人の写真が沢山がありました。
私が参加したのは、ちょうど一年前。新年会の時です。
その時は、単純に着付けをならったのはいいけれど、
一緒に出歩ける人がいないということで、
yahooの掲示板をさがして、今の実行委員会の仲間と出会いました。
その時は、ネットの集まりで打ち解けられるか不安もありましたが、
新しく入ってきてくれた人にも、
とてもあたたかく、フレンドリーに接してくれて、
とても「ほっ」としたのを今でも覚えています。
この初参加の新人さんでも、すんなり溶け込める雰囲気がなかったら、
今、着物日和をやろうだなんて思っていなかっただろうなぁと、
しみじみ思ってしまいました。
なので、その時の掲示板のメンバーには感謝です!!!(特にMさん!)

なかなか余裕がないと着れない着物ですが、
心に余裕をもって、気軽に出歩いて欲しいと思います。
気分転換に着物っていいですよ。
背筋ものびるし。

そんなわけで、少しでも着物好きさんが増えるように、
これから唯一の男性実行委員!権助さんの「男の着物道」がはじまります。
男性の着物って女性より色々奥深さがあるようですよ。
いつも表の着物より、中の襦袢が派手派手だったり。
男の着方は女性よりは、とっても簡単ですので、(身長が合えば着れます。ただ着物をはおるだけです。)
ぜひこれを読んで、男着物好きさんが増えますように!!

近日UPです★

(なぎさ)



















| 着物そのほか | 01:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なまはげさん♪

着物幹事さん、お困りではありませんか?
多人数対応、着物日和の仲間達が実際にでかけた、
お店紹介していきます。
ぜひ参考にしてみてはいかがでしょう?

今回、ひなまつり会におでかけしたのは秋田郷土料理のお店「なまはげ」
ビルのエレベーターにのると、きりたんぽ鍋のおいしそうな匂いが漂ってきます。
鍋はお店の作成した手引き通りに細かい時間を守って、
野菜や肉など投入していかなけばならないので、
ビールなど飲んで、のんびりはしていられないのが、ちょっとマイナス。
(鍋奉行がいれば問題ないですが)
出来上がった鍋は、鳥やごぼうや野菜からでた、
甘めで味わい深いスープが美味でした。
「きりたんぽ」は、元はごはんだからけっこうおなかに溜まる。
最後はやまいもを入れてスープといっしょにいただきます。
(コースは別なメニューになります)
うーん、お腹一杯。

コースは3000円で6品付き。
前菜と鍋とお刺身とサラダと小鉢とお肉とデザートです。

満腹となまはげの面白さと驚きも体感できる、古民家風なお店です。
かまくら個室(定員4人)なんていう素敵な雰囲気の別室もあり。
狭いので親密度UPしますよ。

わかっていても、なまはげ登場にはびっくりするはず。
(今回は勢いあまって障子をはずしての登場でした。)
青なまはげと赤なまはげがいるのでよく観察しましょう。
登場時間は夜7時半~と10時半の2回
ぜひどちらの時間も楽しんでみてください。
着物度★★★★(★5つが最高※あくまで個人的感想です)
AKITA DINING なまはげ仙台店
〒980-0811
仙台市青葉区一番町4-5-6パルサービル6F(江陽写真館の裏のビル)
TEL:022-217-7077
FAX:022-217-7078











| 着物とお店 | 02:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ひな祭り会&さくらん上映会報告



namahage

今回、ひな祭り会に参加された方おつかれさまでした。
映画の「さくらん」も面白かったようで、何よりです。
ひな祭りという事もあり、お花や蝶やら、春らしい着物姿の方が多かったような。
なまはげさんと最後、一緒に記念写真をとりましたが、
意外と馴染んでいるような気がしませんか??


| 着物でイベント | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年04月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。